Ayurveda

【アーユルヴェーダとは】

・約3000年前に南インドで体系化されたWHOも認める伝統医学

・病気の治療だけではなく、健康維持や病気予防、日々の心構えなども含まれている

・自己治癒力を高め、病気にならないための健康な体を作る積極的予防医学

・西洋医学で治せない病を治すこともあるため、特にドイツでは代替医療として注目されている

・生命を意味するサンスクリット語の「アーユス」と知識、学を意味する「ヴェーダ」の複合語

・過去には世界各地に伝播し、現在の西洋医学にも大きな影響を与えている

・お釈迦様も精通していた
・スリランカでは日本の国交省や厚労省のようにアーユルヴェーダ省があるほど、国の知的財産として認められている

【ドーシャとは】

アーユルヴェーダでは、自己治癒力を高め、健康的な体を手に入れる為に、それぞれの体質にあった施術や食生活などが医者から与えられる。その際に患者の体質を判断する必要があり、その判断材料が「ヴァータ(風)」「ピッタ(火)」「カパ(水)」の三つからなる「ドーシャ」と呼ばれる体の中のエネルギー。
心身の疲れや季節の変わり目による体調の変化等、個人の体の変化はこのドーシャの働きがあるとされる。これらの「ドーシャ」がバランスの取れている状態を 「健康」とし、そのバランスが崩れると健康を損なう状態になると考える。各々のドーシャのバランスが保たれた状態において、身体としての構造が適切で、新陳代謝も適当に行われ、体内の循環も活性化されている=健康。
人間は生まれた時から3つのドーシャの組み合わせによる、10の体質に分ける事ができると考えられている。このドーシャを参考に、それぞれの体質にあった施術を行う。このドーシャをドーシャチェック表で判断することもできる。的確ではないがなんとなく自分がこのドーシャなんだと言う事がわかる。ちなみにチェック表を何度かやってみた結果「ヴァータ」体質 でだと思って実際にスリランカのドクターに診断してもらったところ、「ピッタ・ヴァータ」体質であった。
ドクターはたった1分ぐらいの”脈診”だけで、患者のドーシャを判断する。脈診の診察では、その他にも患者が今どういう持病を抱えているか、どういう精神状態か、どんな過去のトラウマがあるのかなど、色々なことがわかるとのこと。すごい。

【施術とは】

Dr.s Consultation・・・ドクターの問診。ほぼ毎日。

Vaktra Abyanga・・・フェイシャル

Mrudu Sharira Abyanga・・・シンクロマッサージ(二人が両サイドで同じ動きをする)

Shiro Abyanga・・・頭、首、肩

Pada Abyanga・・・足(ふくらはぎ+もも)

Druda Sharia Mardana・・・全身

Pinda Sweda・・・ミルクの入ったハーバルボールで全身をポンポンと。

Steam Bath・・・全身の蒸し風呂
Herbal Bath・・・施術の最後にハーブの入った湯船につかる。

Special Therapy・・・腰を重点的に。

Special Treatment・・・眼精疲労でeyepackが主。

Shirodhara・・・ひたすら額(チャクラ)にオイルを垂らす。

体験したパンチャカルマ(5つの浄化療法)

Nasya Karma・・・鼻にオイルを入れ口から吐き出す。泣ける。

virechana karma・・・下剤を飲み胃を空にする。つらい。便が止まらないので食もその日の朝は特別用意されたタマリンドスープのみ。昼も特別用意された野菜のみのカレー。




2週間の滞在中はほぼルーティーン。

料理はバイキング。とにかくおいしい。オーガニックの野菜、ダルなどカレーが多い。フルーツも豊富。

自由時間はプールで泳いだり、海辺を散歩したり、読書したり、ボーっとしたり。。

6:00 起床

6:55 ヨガ

8:00 朝食(ハーブの錠剤とドリンクつき)

午前 施術or自由時間

12:00 昼食

午後 施術or自由時間

17:00 ヨガor瞑想

18:00 夕食(ハーブの錠剤とドリンクつき)

20:00 民族芸、Ayurveda勉強会、Partyなど

21:00 就寝

Leave a Reply

CAPTCHA