【表彰】トヨタ財団助成金の贈呈式

去る4月20日、トヨタ財団の助成金の贈呈式がハイアットリージェンシーで催されました。
そこにKANAYA BASE事務局の西田と金子で出席して参りました。

508団体のうちの23団体、4.5%の中に選んで頂きました。
助成金界のノーベル賞というウワサも聞きまして、そんな大きなものに選んで頂き本当にありがとうございました。
関係者の方々や、協力頂いたみなさまも本当にありがとうございました。

この助成金の趣旨ですが、
「人がつながり、地域が動く―共に拓く私たちの未来」をテーマとして、地域の特性を踏まえつつ、人びとの主体性とつながりを育み、地域の課題の解決に取り組むプロジェクトを支援するものです。
このテーマに沿った形で、KANAYA BASEデザインネットワークプロジェクトというチームを作り申請をしました。



KANAYA BASEデザインプロジェクトのテーマは
「老年人口千葉1の南房総でデザインネットワークの構築を通じ、雇用を創出するプロジェクト ―生活にまつわることの地産地消コミュニティをつくる」というものです。

地方には魅力のある人や自然、文化、企業などたくさんの資源あります。
その魅力あるものたちを引き出し、可視化して、伝えることがデザイナーやクリエイターの役割であると考えます。
コミュニケーションの力が必要な今の時代だからこそ、
双方をつなぐこの役割を地域に根付かせることこそ、
様々な社会問題を解決することができると私たちは考え、
地域に根ざした循環型のコミュニティーをつくるきっかけとなるような取り組みをします。



ということで、グラフィックから3D、WEBデザイン、建築、家具、PR、イベント、映像、販売、翻訳などなど
KANAYA BASEデザインプロジェクトがワンストップサービスになり、地域に根ざし、地域の課題を解決するコミュニティーになり、またそれが事業化になるべく活動をしていきます。

まずはKANAYA BASEにクリエイターが集うこと。
そして地域資源、自然、文化、企業、人などなど、眠っている資源を自分から見つける、またはそういった課題を抱えている人たちの相談にのること。
お互いが良くなることで雇用も生まれる仕組みづくり。



コミュニケーションの力で課題を解決し、
このプロジェクトがきっかけで地元に暮らす人たちが豊かに暮らせるようになることを目指します。




もし、この取り組みに興味がある方はご一報(info@npokanaya.org)をお待ちしております。
また近々このプロジェクトのWEBを立ち上げる予定や、経過も報告していきます。

きれいごとばかりでうまくいく取り組みではないので、
様々なアドバイスやご協力をこれからもよろしく御願い致します。

Leave a Reply

CAPTCHA